高血圧と動脈硬化

高血圧専門医と循環器専門医です。 高血圧と動脈硬化についてわかりやすく解説します

家で血圧を測らなくっちゃいけないの?  ②白衣高血圧とは

 

「血圧が高かったらどうしよう。」

「病気だって言われたらどうしよう。」

 

病院を受診した時や

健康診断を受ける時に

緊張することはありませんか?

 

皆,白衣を見ると緊張するようで,

この緊張によって,

血圧が一時的に上がることを

白衣高血圧

と呼びます。

 

f:id:kandk129:20160905052833j:plain

つまり,

病院以外での血圧は正常

病院での血圧が高い

ということです。

 

この白衣高血圧の人は

病院で診察した時に血圧が高かった人の

約30%

が該当します。

 

これを診断するためには,

病院以外の緊張を取り除いた

家庭での血圧測定

が有用なのです。

 

f:id:kandk129:20160905052925j:plain

白衣高血圧は,

持続する高血圧の人と比べて

臓器の障害は軽く,

心臓疾患や脳疾患の発症率もそれほど高くありません。

 

ただし,

将来に持続的な高血圧に移行する場合もあり,

食事に気をつけたり,

運動を心がけたりする必要はあります。

 

また,

肥満や,

メタボリックシンドローム,

糖尿病の予備軍や,

コレステロールが高いなど,

別の病気が隠れていることもあるため,

健康診断など,定期的なチェックも必要です。

 

病院で血圧が高いと言われた人,

血圧が気になる方は,

毎日家で血圧を測る習慣を身につけましょう。