高血圧と動脈硬化

高血圧専門医と循環器専門医です。 高血圧と動脈硬化についてわかりやすく解説します

血圧とは?

こんにちは。

 

今回はまず,血圧というものについて考えてみます。

血圧とは、なんでしょうか?

 

血圧を測ると、195/104mmHgなどと、上の血圧と下の血圧が測定されます。

 

なぜそのように上の血圧と下の血圧があるのでしょうか?

 

血圧とは,

血液が通る時に血液が血管を押す圧力

のことです。

f:id:kandk129:20160902155343j:plain

心臓は血液を通常1分間に約60〜100回

全身に押し出します。

 

心臓が収縮して(小さくなって)

血液を押し出す時間を

収縮期

 

血液を押し出した後に心臓が拡張して(大きくなって)

次の準備をしている時間を

拡張期

と言います。

 

血液が大量に通る時の方がかかる圧力は高くなります。

 

心臓が血液を押し出す際に血管にかかる血圧を

収縮期血圧(上の血圧),

心臓が準備している時の血圧を

拡張期血圧(下の血圧)

と言います。

 

 

血圧の値に上と下があるのは,

心臓が血液を押し出した時の影響によるものなのです。

f:id:kandk129:20160902155227j:plain